7月22日   釣果情報

☆朝から晴天で陽射しも厳しく蒸し暑さの残る一日でした。台風の影響も次第に取れてきているのでうねりも落ち着いてきている様でした。
一文字のチヌ狙いはあまり芳しくなく43cmや33cm,32cmを上げている人達はいましたが、皆さん1枚づつで渡船券までには成りませんでした。ヒョウゴは40cm~35cmを4枚位上げている人はいた様です。他にはタイゴやサバゴやガシラ等は好く上がっている様でした。キスの投げ釣りでは15匹位の釣果のようでした。
中堤防のカマス狙いは釣り人も少なかったが5匹前後の人が殆どの様で早めに引揚げている様でした。サビキ釣りではサバゴが多くコアジは2割くらいの様でしたがそれでも30匹位上げている人もいました。サバゴやコッパグレの混じり30cmのグレを上げている人もいました。
沖の船釣りでは暑さも有り出船は少なく芳しい釣果は聞かれませんでした。池の浦沖の夜釣りのイサギ狙いも最近はあまり芳しくない様です。

7月21日   釣果情報

☆日中は陽射しも厳しかったが朝夕は曇り空で過し易くなっていました。台風10号も東シナ海に入ると午後からはうねりも少し落ち着いてきている様でした。
一文字のチヌ狙いでは40cm~31cmを3枚上げている人もいましたが、リリ-スしたとの事で渡船券にはなりませんでした。他にもチヌの35cmを上げている人もいましたがタイゴやサバゴ、シマアジ等が多く釣り辛かったようです。
中堤防のカマス狙いではキビナゴで30匹位上げているご夫婦もいましたが小型のカマスがまだまだ多い様でした。皆さん10匹~5匹位の人が多かったようです。サビキ釣りではコアジやサバゴは好く上がっている様でした。ふかせ釣りではチヌの32cmを上げている人もいました。
沖の船釣りではうねりも有り出船は少なく釣果情報は聞かれませんでした。

・・・・・・明日の宇佐漁港の一斉清掃は中止になりましたので、渡船は早朝から行います。・・・・・・・・・

7月20日   釣果情報

☆午前中は晴天で蒸し暑さが残っていましたが、午後からは南東の風が強くなり過し易くなっていました。外海は台風10号の影響と思われるうねりも少し出始めている様で南寄りの風が吹くと白波が立ち始めていました。
一文字も釣り人は少なく閑散としていました。チヌ狙いのふかせ釣りもアイゴや小型のシマアジ、サバゴはよく釣れる様でしたが、チヌの釣果は聞かれませんでした。キスの投げ釣りも5匹前後の釣果の様でした。
中堤防も釣り人は少なくカマス狙いも5匹前後の釣果の様でした。サビキ釣りではコアジやサバゴ、ワカナ等はまだまだ楽しめそうです。
沖の船釣りも暑さも有り出船は最近極端に少なく釣果情報も少なくなってきている様です。

・・・・・・・・今度の日曜日(22日)の早朝は宇佐漁港の一斉清掃の日になっていますので、渡船は8時頃からになります。・・・・・・・・

7月19日   釣果情報

☆今日も真夏日の蒸し暑い一日で釣り人の出足も悪く閑散としていました。台風10号も沖縄方面に抜け中国大陸直撃のコ-スになってきている様です。
一文字のチヌ狙いは芳しい釣果は聞かれませんでしたが、グレの釣果は好かった様で33cm~30cmを4枚上げている人もいました。真鯛の40cmや30cm前後のネイリや小型のシマアジを上げている人もいました。タコ狙いでは920gを上げてる人もいました。キス狙いでは10匹までの釣果の様でした。
中堤防のカマス狙いでは今日もまだ良型のカマスは少なく23cm~15cm位で25匹~15匹位の釣果の様でした。一荒れ有って良型の入ってくるのを待つしかない様です。
沖の船釣りも出船は少なくあまり芳しい釣果は聞かれませんでした。

7月18日 釣果情報

☆早朝から天気も好く日中の気温は30度を超えていたが、堤防は好く風を通し風が暑さを凌いでいました。
一文字では、ふかせ釣りでのチヌの釣果は無かったがアイゴや小型のシマアジはよく釣れた様でした。落とし込みでは、チヌの44cm~31cmを3枚とヒョウゴの45cm~40cmを5枚釣った方がいました。ヒョウゴの当たりは多かったようです。キスゴ狙いでは、エソやタイゴが多くキスゴは1匹の釣果でした。一文字先端のジギングでは一度も当たりは無かった様でした。
中堤防では、カマスの23cm~15cmを40匹~6匹の釣果で小型が多かった様でした。エギングでは、アオリイカの500gを1杯釣った方がいました。今日はサビキ釣りの方はいませんでした。
沖の船釣りでは、池の浦沖~久通沖水深60m付近でタイラバでサバの30cm~38cmを9匹とイトヨリの40cmを釣った船がありました。

DSC_0006.jpg
三村様
チヌ     44cm~31cm     3枚
ヒョウゴはキャッチ&リリースしていました。
一文字で落とし込みで釣りました。