1月30日   釣果情報

☆ここ2~3日は早朝の冷え込みはあっても、日中は気温も上がり穏やかな好い釣り日和が続いていて、全体的には釣り人の出足も良くなってきているようです。
一文字はチヌは上がっていて、36cm~34cmを3枚上げている人がいました。他には小型の真鯛やガシラが上がっているだけのようでした。エギングでは上がっているのはコオイカやケンサキイカで、アオリイカの釣果は聞かれませんでした。
磯釣りも白ハエ周辺では、良型のボラが多く、他にはコッパグレとアイゴ、サンノジの釣果のようでした。
湾内では深浦港周辺で、サビキ釣りでカタクチイワシが好く釣れているようで、釣り人も多くなっているようです。井尻周辺のサヨリ釣りも潮によって斑があるようだが、当たれば良型のサヨリが期待できます。
沖の船釣りでは高地沖の浅場で59cm,49cmの真鯛と35cmのイサギを上げている貸船がありました真鯛もノッコミの時期に入って来たか、少し浅場の方が良型の真鯛が上がっているようです。白周辺ではエギングで600gのアオリイカを上げていましたが、まだ200g前後のアオリイカも多いようでリリ-スしていたようです。


DSC01920_20130130173824.jpg
野村様
チヌ           36cm~34cm         3枚
一文字でふかせ釣りで釣りました。


DSC01919_20130130173824.jpg
岩崎様
真鯛           59cmと39cm         2枚
イサギ          35cm            1枚
高地沖で釣りました。


DSC01921_20130130182919.jpg
地元のアングラ-
アオリイカ          600g          1杯
白ハエ周辺でエギングで釣りました。(まだ、200g前後のアオリイカも多いようです。) 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する