6月7日   釣果情報

☆早朝は少し肌寒かったが、日中は気温も上がり梅雨らしい蒸し暑つさは有ったものの、釣りには好い一日でした。
一文字は今日も釣り人は少なく、芳しい釣果は聞かれなかったが、キスの投げ釣りでは二人で60匹位上げている人はいました。エギングでは500g位を2杯上げている人もいました。チヌ狙いでは35cmを1枚上げている人はいましたが他にはチヌの釣果は聞かれませんでした。他にはアイゴやマルハゲ、ボラ等はぼつぼつ上がっていたようです。
中堤防ではカマスのサビキ釣りでは30匹位上げていましたが、型は少し大きくなってきているが、数が落ちてきているようです。コアジ狙いでは二人でサビキで150匹位上げている人もいました。コアジも天気が続くと釣果が落ちてくるが、一荒れ有るとまた面白くなってきます。
沖の船釣りもイサギ狙いには好い時期になってきましたが、今年はまだ良型のイサギの情報が少ないようです。水深20~30m線のイサギを狙ってみても面白そうです。湾内の一文字周辺では船釣りの真ダコは地元の船は好く上げているのが見かけられます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する