1月23日   釣果情報

☆今日も日の出前の冷え込みは厳しかったが、高気圧の覆われた穏やかな好い釣り日和で、防波堤も人出も多くなっていました。
一文字もエギングや泳がせ釣りのアオリイカ狙いの釣り人は多かったが、エギングで500g~300gが2~3杯上がっていただけの様で、ここ数日はアオリイカの釣果はあまり芳しくありません。ふかせ釣りでは40cm位のチヌや45cm真鯛は上げている人はいました。他にはコッパグレやガシラはぼつぼつ上がっているようでした。
中堤防は釣り人も少なくアオリイカの釣果は聞かれませんでした。
磯釣りでは白周辺ではコッパグレはぼつぼつでしたが、アイゴやヒダリマキ、マルハゲ等で目立った釣果は聞かれませんでした。
沖の船釣りでは池の浦沖のアカデやハンド周辺で25cm前後のアジを15匹位とチダイ、ニベ等の釣果の船は有りました。池の浦沖は流れが速く釣り辛かったようです。高地沖周辺では30cm~40cmの真鯛を7~8匹上げている船や、マルハゲを30~40匹程上げている船は有りました。マルハゲは相変わらず好調でマルハゲだけ狙いの船も増えてきているようです。今日は釣果写真は撮れませんでした。


コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する