6月9日   釣果情報

☆不安定な天気ながら、宇佐地区は梅雨の晴れ間で何とか良い釣り日和が続いていましたが、明日午後からはまた梅雨前線が張り出してきそうです。
一文字のチヌ狙いでは今日は紀州釣りが好かった様で、40cm~29cmを10枚上げている人や、40cm~30cmを3枚上げている人がいました。フカセ釣りはチヌは1~2枚の釣果で他はアイゴ、マルハゲ、サンノジ、ワカナ等のようでした。エギングでは300gのアオリイカを2杯上げている人はいました。
中堤防では相変わらずサビキ釣りではサバゴやワカナは多いが、コアジの数も増えてきて50匹位のコアジを上げていました。カマスサビキでは今日も20匹位の釣果のようでした。
沖の船釣りでは高地沖で良型のシイラやメジロにヒラメやコアジを多数上げている船も有りました。水深60m位の沖にイルカの大群がいて高地沖や池の浦沖では一時釣り辛い時間帯も有った様です。


DSC03167.jpg
鎌倉様
チヌ               40cm~30cm                9枚
チヌ29cm1枚
一文字で紀州釣りで釣りました。


DSC03165.jpg
橋村様
チヌ               40cm~30cm              3枚
一文字で紀州釣りで釣りました。


DSC03166.jpg
谷脇様
メジロ              85cm              1本
シイラ              95cm              1本
ヒラメ              41cm               1枚
他にコアジ多数
高地沖で釣りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する