7月16日   釣果情報

☆早朝は朝靄が掛かる天気で蒸し暑かったが、8時頃からは南東の風が吹き始め、沖は少し風波も出てきたようでした。防波堤は太陽の日差しが次第に強くなり10時頃には引揚げる人が多くなっていました。
一文字ふかせ釣りでは朝から今日は好く竿が曲がっていてアイゴやコッパグレ、チヌ、真鯛等は好く上がっていた様でした。30cm位のアイゴを15枚と25cm前後のコッパグレを10枚位上げている人もいました。他にはアイゴに混じり40cm位の真鯛を上げている人もいました。チヌのふかせ釣りでは3~4枚上げている人もいたが、小型が多く渡船券までにはなりませんでした。
中堤防では早朝からカマスの食いが好かったようで、50匹~30匹位上げている人も多かったようです。キス狙いで投げ釣りの人も23cm~15cmを20匹くらい上げていました。コアジやサバゴ狙いのサビキ釣りもまだまだ楽しめそうです。
沖の船釣りでは高地沖周辺でイサギやアジやさばを上げている船はありましたが、全体的には芳しい釣果は少なかった様です。沖のジギング船も沖ガシラやエソ、サバ、イトヨリ等の釣果でした。

DSC03255.jpg
小松様
キス               23cm~15cm                20匹位
中堤防で投げ釣りで釣りました。


DSC03254.jpg
中城様
カマス                23cm~27cm              39匹
中堤防でキビナゴで釣りました。


DSC03253.jpg
上野様
イサギ                 35cm~23cm           5匹
他にサバやアジ等
池の浦沖周辺で釣りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する