7月17日   釣果情報

☆そろそろ梅雨明けかと思われたが、梅雨前線も消えず早朝は朝靄が掛かり山間部は不安定な天気が続いているようです。
一文字のチヌ狙いも30cm前後を3枚上げている人はいましたが、サナギの餌でイガミを12匹も上げて不思議がっていました。他にはアイゴやコッパグレ、マルハゲ、エソ等はぼつぼつ上げている人はいた様です。
中堤防ではカマスは早朝の食いは好いが、日だけてくると食いが悪くなってきているようです。今日も10匹前後の人が多かったが、中には30匹~50匹近い釣果の人もいる様でした。コアジのサビキ釣りも最近は少し食いが悪く、多い人でも40匹~50匹位の様で入れ食いの時間帯も短いようです。
沖の船釣りも出船は少なく、高地沖でチダイと30cm~25cm位のアジがぼつぼつ上がっていただけで、芳しい釣果は聞かれませんでした。


DSC03256.jpg
中城様
カマス             28cm~20cm              48匹
中堤防でキビナゴで釣りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する