7月22日   釣果情報

☆安定した釣り日和が続いています。沖は台風の影響と思われるうねりも少し出ているようだが、釣りには大きく影響するような波でもなさそうです。
一文字ではアイゴが異常発生のような状態で、アイゴ狙いの人は70枚位上げているようでしたが、チヌ狙いの釣り人も20枚位上げていました。アイゴの干し物を作っている様で、皆さんに大好評の様です。チヌ狙いではふかせ釣りでアイゴの多い中37cm~35cmを3枚上げて渡船券の人もいました。
中堤防では今日もカマスは低調で10匹前後の人が多かったようです。アジングのワ-ム釣りでは30匹前後の釣果の人も数人いた様です。
福島港では今日もふかせ釣りでチヌを6枚上げている人はいました。型は少し小さく30cm前後が多かったようですが好調が続いているようです。
沖の船釣りでは高地沖でのテンヤ釣りでは真鯛の37cmと27cm,とネイリの46cm、カワハギの26cmを上げている船も有りました。地元の船は夕方から高地沖に出ているが、最近はサバゴ多くなっているようです。池の浦沖の夜釣りでは良型のアジは好調の様です。


DSC03270.jpg
松岡誠様
チヌ  37cm~35cm                3枚
一文字でふかせ釣りで釣りました。「見たか!。一文字クラブ員」


DSC03269.jpg
地元のアングラ-
ネイリ                46cm             1本
真鯛                 37cmと27cm 2枚
マルハゲ              26cm             1枚
高地沖でテンヤ釣りで釣りました。

               
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する