11月19日   釣果情報

☆日々、日の出前の寒さは厳しくなっているようで、皆さん早朝は完全に真冬の防寒着姿に変わってきました。しかし日中は比較的穏やかな好い釣り日和が続いています。
一文字のチヌ狙いも良型もぼつぼつ上がっているようでしたが、小型も多く渡船券までにはなりませんでした。餌取りとしてのアイゴやカワハギは好く当たっているようでした。グレ狙いでは32cm~25cm前後のグレは好く当たっているようで25枚上げている人はいました。
中堤防のカマス狙いでは20匹~5匹位の釣果でしたが、早朝の食いは悪く、日だけてからの釣果が好いようです。カマス狙いで50cmのヒョウゴを上げている人もいました。
沖の船釣りでは高地沖から白沖でアジの泳がせ釣りやタイラバで85cmのメジロや、60cmのアイブリや45cmの真鯛等多数上げている貸船の組もありました。白沖から高地沖周辺で夜釣りで35cm前後の良型のアジが当たっているようで地元の船は夕方には好く出ているようです。


DSC03614.jpg
仁淀消防様
メジロ・・・85cm, アイブリ・・・・60cm, 真鯛・・・45cm他にアカハタ、アオリイカ等多数。
高地沖から白沖周辺でアジの泳がせ釣りやタイラバ、エギングなどで釣りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する