10月6日   釣果情報

☆日に日に寒さも厳しくなってきて、早朝も震いながらの釣りでした。今日は台風23号のうねりが心配されたが日中は比較的穏やかな好い釣り日和でした。夕方からは少しうねりが高くなってきている様です。
一文字のチヌ狙いでは今日は小型が多かった様で渡船券までには成らなかったようです。フカセ釣りではアイゴ、コロダイ、コッパグレ、ボラ、マルハゲ、ヒョウゴ等皆さん五目釣りの様で退屈はしなかったようです。
中堤防のカマス狙いでは20匹~5匹位の釣果であまり芳しくありませんでした。良型を10匹前後釣っている人もいましたが小型混じりで20匹位上げている人もいました。サビキ釣りではウルメが好く上がっていて20cm~15cmを50匹位上げている人もいました。遅くにも入れ食いでウルメを上げている人もいました。コアジも15匹位混じっているようでした。
新堤防ではふかせ釣りでアイゴやボラに混じりコッパグレが好く上がっているようでした。
沖の船釣りでは高地沖周辺ではジギングでは小型のネイリとエソがボツボツの釣果でした。白沖周辺では地元の船は夜釣りで良型のアジを好く上げているようでした。




DSC04607.jpg
森本様
ウルメ                    20cm~15cm                   50匹位
他にコアジ15匹位
中堤防でサビキ釣りで釣りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する