10月14日   釣果情報

☆今日も快晴の秋らしい穏やかな好い釣り日和になっていました。早朝は寒さの為か人出も少なく、日の出からの釣り人が次第に多くなってきている様です。
一文字も今日は小型のチヌが多く渡船券までには成らなかったようですが、コッパグレやマルハゲ、ボラ等は好く上がっているようでした。一文字周辺や中堤防周辺、竜の公園下周辺ではネイリやメジロが小魚を追ってのボイル状態がよく見られました。泳がせ釣りやジギングなどで狙ってみても面白そうです。
中堤防では90cmと85cmのメジロや45cm前後のネイリは泳がせ釣りで上がっていました。バラシも数発あった様です。カマス狙いでは日が出てからも好く上がった様で、昼過ぎまでに33cm~25cmのカマスを102匹や85匹上げている人がいました。9時頃までに帰られた人は20匹~40匹位の人が多かったようです。
沖の船釣りではヨリハエ沖からアカデ沖周辺でタイラバで62cm~40cmの真鯛を3枚とオオモンハタの52cmと35cmを上げていました。午前中は潮が流れなかったが午後からはかなり流れは速くなってきているようでした。仁淀川河口沖周辺では小型のアジとサバ混じりで50~60匹の釣果の船もありました。


DSC04629.jpg
山崎様
メジロ                   90cm                    1本
カマス                   33cm~25cm               40匹位
中堤防で泳がせ釣りとキビナゴで釣りました。


DSC04630.jpg
仁尾様
カマス                   33cm~25cm                102匹
中堤防でキビナゴとアジングで釣りました。(日が出てからの方がよく釣れた様です。)


DSC04631.jpg
地元のアングラ-
真鯛                 62cmと45cmと40cm                3枚
オオモンハタ            52cmと35cm                     2枚
他にマルハゲやギンブグ、エソ等多数
ヨリハエ沖周辺やアカデ沖周辺でタイラバで釣りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する