12月22日   釣果情報

☆寒さも緩み一日中波風共に穏やかな好い釣り日和になっていました。天気の崩れも明日の昼頃までは何とか持ちそうな天気予報になってきました。
一文字では紀州釣りでは34cm~32cmのチヌを3枚上げている人はいました。他にはふかせ釣りでグレの35cmや32cmを上げている人やエギングでは小型のアオリイカはぼつぼつ上がっているようでした。アジの泳がせ釣りでは490gのアオリイカを上げている人はいました。
中堤防ではサビキ釣りでウルメを25匹位上げている人やアジの泳がせ釣りで小型のスズキを上げている人はいました。フカセ釣りではコッパグレが多かったようです。
沖の船釣りでは高地沖ではチダイやレンコダイ好く上がっていた様です。池の浦沖のジュウロウジ周辺ではメジロの83cmを頭に5本とヒラメの58cmを頭に3枚、鰆の92cmを頭に2本、他に良型のアジ多数を上げている船がありました。


DSC04860.jpg
谷脇様
ヒラメ                   58cmを頭に3枚
メジロ                   83cmを頭に5本
鰆                     92cmを頭に2本
他に良型のアジ多数
池の浦沖のジュウロウジ周辺で釣りました。 
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する