5月19日   釣果情報

☆今日も午前中は晴天の穏やかな好い釣り日和になっていました。午後からは少し雲の張り出しもありましたがしばらくは安定した好い釣り日和が続きそうです。外海は波長の長いうねりが残っていて船酔いしながらの人もいたようです。
一文字は釣り人の少ない日が続いていますが、フカセ釣りでもチヌは好く上がっていて15枚位上げている人はいました。小型も混じっているようでしたが41cm~31cmのチヌは6枚いて渡船券には十分な釣果でした。他にはキスの投げ釣りでは20匹位の釣果の人もいて少し条件も好くなってきているようでした。タコのテンヤ釣りでは4~12杯位の釣果でした。
中堤防のサビキ釣りでは今日も好く上がっていてアジゴやサバゴ、ワカナ、カマスと魚種も多くなってきているようでした。キスの投げ釣りでは13匹の釣果の人もいました。
沖の船釣りではうねりは少し残っているものの池の浦沖のジュウロウジ周辺では中型アジの30cm~20cmを30匹位とサバやシイラが上がっているようでした。仁淀川河口沖も夕釣りの船もぼつぼつ出ている様でワカナやサバゴを避けての釣りのようでした。


DSC05111.jpg
松岡誠様
チヌ                     41cm~31cm                6枚
一文字でふかせ釣りで釣りました。(15枚位の釣果でしたが渡船券対象は6枚でした。)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する