10月12日  釣果情報

☆早朝から北寄りの風が吹き肌寒く、雲も遥か高く上がり秋を感じる今日この頃ですが、日中は、暑い時間帯も少しあったものの、風も弱く過し易い好い釣り日和で、釣り人もかなり増えてきました。海上のうねりは、台風20号の影響でかなりうねりが出ており湾内にも影響がありましたが堤防を越える程ではありませんでした。
一文字では、ふかせ釣で、チヌの33cm~31cmを3枚釣った方がいましたが、小型のチヌが多く数は出るものの、渡船券を取るのは難しいようです。紀州釣りでは、40cm~30cmのヒョウゴと小型のチヌは多数釣っていました。他には、グレの35cm、ボラ、イガミ、アイゴ、タイゴ、ウツボの80cmが釣れており皆さん好く竿は曲げていました。コッパグレやボラは好く見えている様でした。
中堤防では、カマスの釣果は少し上向きで、25cm~28cmを10匹~20匹の方が多く、48匹釣った御夫婦もいて明日の釣果が楽しみになっています。サビキ釣りでは、ウルメが少し上がっている様でした。エギングでは、100g~200gを3杯釣っている方がいました。
沖の船釣りでは、かなりうねりが有ったようですが、高地沖でシイラの65cmやネイリの40cm位を3本とハマチの45cmを釣った船がありました。
PA120257.jpg
岡崎様
チヌ     33cm~31cm     3枚
一文字でふかせ釣で釣りました。

PA120256_20161012181514a42.jpg
谷脇様
シイラ     65cm     1本
ネイリ     40cm     3本
ハマチ    45cm     1本
高地沖でアジの活き餌でつりました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する