10月15日   釣果情報

☆明け方は気温も一段と下がり震いながらの釣りになっていましたが、日が出ると晴天で気温も上がり穏やかな好い釣り日和になっていました。外海は少しうねりが高くなってきている様でした。
一文字のチヌ狙いでは今日は「一文字釣りクラブ」のチヌ釣り大会が行われていて優勝はチヌの40.5cmとヒョウゴの44.2cmでした。今年はまだチヌの釣果は小型が多くあまり芳しくありませんでした。ふかせ釣では34cm~30cmを3枚で渡船券の人もいました。他にはガシラやアイゴ、ボラ、アオリイカ等の釣果でした。
中堤防では今日もカマスは良型が上がっていて10匹~20匹位の人が多かったが中には30匹や40匹位の人もいました。カマス釣りはご夫婦で釣られる人が多く今日も二人で80匹位上げているご夫婦もいました。
沖の船釣りではうねりも有り出船をやめる人も多かったが、高地沖ではタイラバで40cm~30cmの真鯛を3枚とネイリやオオモンハタを上げている貸船は有りました。


PA150260.jpg
柏井様御夫婦
カマス                  30cm~28cm                80匹
中堤防でキビナゴで釣りました。


PA150262.jpg
中村様
ヒョウゴ                43.0cmと42.5cm              2枚
一文字でふかせ釣で釣りました。(釣り大会では最後に逆転されて2位でした。残念!。)


PA150263.jpg
竹内様
チヌ                   34cm~30cm                3枚
一文字でふかせ釣で釣りました。


PA150261.jpg
和田様
ヒョウゴ               43cm                1枚
チヌ                 35cm                 1枚
一文字で初めての大物で自己記録のようでした。(又の機会に記録更新を期待します。)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する