10月19日   釣果情報

☆昨夜の雨も未明には上がっていたようだが、今日は朝から曇り空でうねりも次第に取れて湾内は比較的穏やかなまずまずの釣り日和になっていました。
一文字のチヌ狙いでは紀州釣りで38cm~30cmを5枚上げている方がいました。フカセ釣りでは良型を数枚上げている人もいましたが、小型チヌが多く渡船券までには成りませんでした。コロダイらしき当たりに切られている人も数人いた様です。他には、アイゴ、ボラ、カワハギ等が好く上がっていました。
中堤防でカマスは好く上がっている様でご夫婦で73匹上げていてキビナゴの餌釣りで43匹、サビキ釣りで30匹の釣果の様でした。型は良型で30cm~27cm位でした。他にも皆さん20匹前後の人が多かったようです。チヌ狙いでは40cm前後を2枚上げている人はいました。
沖の船釣りでは高地沖で95cmのメジロと45cm~40cmのネイリを9本上げている人もいました。他には小型の真鯛とアジを10匹位の釣果でした。最近は殆どがネイリ中心の様で、他の船は高地沖にてエビングで4本上げていました。

PA190276.jpg
谷脇様
メジロ           95cm
ネイリ        45cm~40cm        9匹    (他、タイ、アジ10匹)
高地沖で釣りました。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する