12月7日     釣果情報

☆早朝から気温が低く、日中も14度位までしか上がらず寒さもあったが、波風共に弱く穏やかな釣り日和でした。
一文字では、ふかせ釣でグレの30cmが3枚上がっていて、他にはカワハギ、コッパグレ、タイゴ、40cmのイガミなどが上がっていました。紀州釣りでは、チヌの35cmを2枚釣った方がいましたが、餌取りが多く釣り辛かった様でした。グレの45cm位を取り込み中に針はずれでばれてしまった様でした。蟹の落とし込みでは、だんだん当たりも少なくなっているようだがヒョウゴの45cmと46cmを釣った方がいました。アオリイカ狙いでは、アジの活き餌で600g1杯にエギングでは小型が多く300g~100gが全体で4杯上がっていました。
中堤防では、釣り人も少なく閑散としていましたが、カマスの30cm位がサビキ釣りとわーむで11~1匹の釣果がありました。青物の釣果はありませんでしたが、釣り上げているカマスをメジロが追いかけてきていた様でした。
磯では、高地底物場でカワハギを10枚にガシラを20匹で石鯛の釣果はありませんでした。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する