1月6日   釣果情報

☆朝の冷え込みも少し緩んで穏やかな好い釣り日和になっていましたが東シナ海の前線が少し気になるところです。防波堤も正月休みも一段落で人出も疎らになってきました。
一文字のふかせ釣ではチヌの釣果はあまり芳しくなかった様でアイゴやタイゴが多く釣り辛かったようです。最近はアイゴ釣りの人も時々見かける様で開いて一夜干しにするようでした。美味しい魚ですので挑戦してみてください。タイゴも大きいものは30cmを超したものも混じっている様です。エギングでは1.24kgと1.21kgのアオリイカを上げている人もいました。
中堤防ではカマスやメジロの釣果は聞かれませんでしたがふかせ釣ではヒョウゴの35cmを上げている人はいました。他にはアイゴやガシラのようでした。
沖の船釣りでは高地周辺や白周辺では小型のアオリイカはエギングでぼつぼつ上がっているようでした。白沖のアジ狙いでは中アジを60匹位上げている船は有りました。


P1060480.jpg
森沢様
アオリイカ             1.24kgと1.21kg              2杯
一文字でエギングで釣りました。(今季絶好調でエギング・マスタ-復活の兆しが見えてきました。)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する